読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集者が編集するのは本だけじゃない! ○○もだ!

ウェブも電子書籍もDVDもCDも編集しちゃうよでもいちばん仕事多いのはけっきょく紙

コンビニが出来て迷惑……というよりも。の巻

日記


多摩ニュータウンの住宅街に住んでるんですが
自宅から徒歩2分ぐらいのところに
某コンビニが出店してきました。


・同一商圏に全国チェーンのコンビニは既に2軒
・ファミレスも大型スーパーもある地域
・幹線道路沿いを除く住宅街各店舗は(コンビニ含め)23時で閉店
・条例で決めているのではなく、住民の要望でそういう運営形態を各社にお願いしている


という状況下、ゴリゴリっと。
「我が社は24時間営業を前提としてますのでそこは枉げられません(キリッ」
てな態度で進出してこられましたん。

党是が「まず反対してから考えよう」な
某野党の市議会議員がちょうど地域にいるので
(正確にいうと、出店したちょうど目の前に住んでい「た」)
こんなときぐらい働くんだろぉ?
と思っていましたら
コンビニ出店計画が公になる数カ月前、突然お引っ越しされましてww
たまたまその議員の息子(9歳)が
ぺらぺらおしゃべりしてるので判明したことには

・うちはコンビニが出来るから引っ越したんだよ

なるほど。そりゃ……ダメだな。


というわけで、もともと空いていたスペースに
小売店舗が出来ること自体は
本来プラスでもマイナスでもないはずのところ
そんな経緯があったせいで
ひとり、猛烈に私的ボイコットを続けている件。
毎朝横目に睨みながら(「早く潰れちまえ」)
出かけているので
これまで以上に俺の目付きが悪くなったら
あいつらのせいな。


さて、コンビニが出来たことによって
住環境が変わること、を危惧している私の
その不安の具体例は
・青少年が店前でたむろしてなんとかかんとか
・店前がスモーカーの聖域化して俺の嫌いなヤニ臭ががが
というようなことよりも、です。


横断歩道だけあって信号がない、という箇所が
複数ある地域なんですよ。
それも、小学校への通学路で。


コンビニに車で来る人間は
横断歩道の手前で止まって
「人間を車よりも先に通す」
余裕はありません。


住宅街の人間が
信号のない横断歩道で車を止めるのは
ひととして優れているから、とかそういうことではなく
そこが「自分たちが住んでいるエリアだから」です。


対して
コンビニまで「車で行く」人間は
属性として
(途中略)
だからさー
コンビニできました、車の往来が増えた気がします、
とか言ってるうちは平和なんだけど
誰かが車に轢かれてから
それからようやく、市会議員氏は動き出すんでしょうか。


そうなってからも、コンビニチェーンは
出店と車の往来の因果関係は絶対に認めませんよね?


つまり結論としては
某チェーン某ニュータウン店のことを
デスブログに書いてもらえないっすか。ねえ?