読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集者が編集するのは本だけじゃない! ○○もだ!

ウェブも電子書籍もDVDもCDも編集しちゃうよでもいちばん仕事多いのはけっきょく紙

課金の誤用は瑕瑾で済むか

広辞苑を持ち出したうえでその権威に拠ろうとするひと
(「辞書に載ってないからそんなことばはダメだ」論)
ことばはいきものだからがかりのひと
(「ことばの意味は変わるからとがめすぎるな」論)
両陣営拮抗して譲らない戦線に
いまさら身を投じる気は毛頭ないんです。

が、ツイートを追っていて
しばしば卓見にうならされるような方々までもが

販売システムは確実だけれど、本を読む人しかお金を支払わない。ニコ動みたいなのは定期課金見放題だけれど、じゃあ課金している誰もが24時間PCに張り付いているかといえば、きっとそんなこともない。定額のやりかたは、使わない人からお金が取れるのがとても大きい
https://twitter.com/medtoolz/status/251089344448839680

仮想彼氏とか仮想彼女もいいけど、孫プラスつくろーぜ。孫に、ランドセル(課金)とか、お年玉(課金)とか、誕生日プレゼント(課金)とかプレゼントするやつ。
http://twitter.com/fladdict/status/257696222746406912

と口走ってしまう状況を見ると
さすがに
「課金」ということばの魔力について
ちょっとは考えてみたい気もする。
または
ねえどうして
課金の誤用にこんなに敏感に
反応しちゃうんだルー。


とはいえ
課金以外にも「その誤用、許せん」と思う文言は
もちろんあります。

なにげに
  とんねるずが濫発してたのが
  いまの無法状態に寄与しているのだと信じていますが
  25年ずっとイライラして、いまだに慣れません

行く/来るの分別
  方言とか英語とか、解釈に揺れがある動詞ではありますが
  「ここに来る」と言うべきときに
  「ここに行く」と言いやがる我が家の小4児童に対しては
  厳格に対処する以外の選択肢が私の心には無いんですん

ツ/シの分別
  既に話し言葉カテゴリでなくなってますが
  この書き分けが出来ていない手書き原稿を
  編集者として入力するストレス!

阪神巨人戦か巨人阪神戦か
  主催球団を先にするのが唯一無二の正解で
  その知見が既に一般的でなくなっているだけのこと
  ではあるんですが、
  間違われると訂正したい欲が猛烈に出てきて
  それを口に出しても
  100%の確率で「そんな小さなこと」視される、
  というこのギャップががが。


ことばの可能性について
了見が狭いひとほど
「これはこうあるべき」と
思いがち。ですよね?


「それは××ではありません。言葉遣いが間違ってます」
「主語がない文があってわかりにくい」
「過去のことか現在のことかを明らかにするため、語尾を
 (過去のこと→●●でした。/現在のこと→●●です。)
 統一してください」


……うむ。
実例から引いてきてしまったせいで
なんだかムカムカするけど
続けよう。


私が/あなたが
「絶対」と思っているルールは
ローカル・ルールにすぎない。

「課金の誤用」を
「なにげに」を
攻撃するにせよ/擁護するにせよ
唯我独尊なスタンスはとれるものではない。
はずだ。

  な
 の

あいつらのほうが
俺たちよりデカい顔してんじゃね?
という現状が
私たちを
アグレッシブに対立させる要因ではないか。

ツとシを書き分けられない人が醸し出す
そこはかとないゴメンナサイ感は
正邪を別にしても
優劣が構築されているから
争いにはなにりくい。
しかるに(ry

うーん。やっぱりこの手の話って
手に余るなー。というのが正直なところですねえ。