読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集者が編集するのは本だけじゃない! ○○もだ!

ウェブも電子書籍もDVDもCDも編集しちゃうよでもいちばん仕事多いのはけっきょく紙

トーハン「2012年 年間ベストセラー」文庫ランクの集計が恣意的で弱った件

読書 出版(売るほう)

年末恒例風物詩であるところの

トーハン「2012年 年間ベストセラー」
(集計期間=2011年12月~2012年11月)
が発表されまして
 総合1位は「聞く力」(阿川佐和子著)、
 文庫総合1位は「ビブリア古書堂の事件手帖」(三上延著)の3点。
ってシレッと書かれていたので
危うく見逃しかけましたが
3点? ああ、足して1位か。
……ってなんだって足しちゃうんだよ、おい。

順位 作品名 著者 文庫レーベル
1 ビブリア古書堂の事件手帖(1~3) 三上延 メディアワークス文庫
2 1Q84 BOOK 1~3前編・後編 村上春樹 潮文庫
3 プラチナデータ 東野圭吾 幻冬舎文庫
4 聖女の救済 東野圭吾 文春文庫
5 少女 湊かなえ 双葉文庫
6 悪の教典(上・下) 貴志祐介 文春文庫
7 ツナグ 辻村深月 潮文庫
8 三匹のおっさん 有川浩 文春文庫
9 贖罪 湊かなえ 双葉文庫
10 ソードアート・オンライン(1~10) 川原礫 電撃文庫


発行年不問、
集計期間中の売り上げベストがこちらになります。
という表向きの基準も
プレスリリースはとりあげられてなんぼやさかい。
という本音の部分も
分かることは分かるのですが
ランキングってそういうものかい?
2位は6冊
6位は2冊
10位も10冊
ほかのタイトルは1冊ずつの成績ですよね?
団体戦なのか個人戦なのか、どっちやねん。
と、釈然としない自分が居ることも確かなので
しょーがないから

■私的「2012年 年間ベスト」
を考えてみることで
このモヤっと感を払拭しようと思ったんですまる。

作品名 著者 出版社 実勢価
1 村田エフェンディ滞土録 梨木香歩 角川書店 105円
2 いしいひさいち 仁義なきお笑い   河出書房新社 1260円
3 鞍馬天狗全集 7 大仏次郎 中央公論 700円
4 水の繭 大島真寿美 角川書店 105円
5 きりこについて 西加奈子 角川書店 315円
6 落葉・回転窓 木山捷平 講談社 1575円
7 泡坂妻夫引退公演 泡坂妻夫 東京創元社 4830円
8 死者たちの夜 結城昌治 角川書店 105円
9 岬一郎の抵抗(一)~(四) 半村良 講談社 各105円
10 つばくろ越え 志水辰夫 新潮社 704円

毎年のことですし
なにしろ自分のことですから
そこに驚きはないですけど
古いよね俺のリスト!

というか
本当の意味で「2012年作品」は
ひとつも無いんじゃ……。
そして木山捷平の文芸文庫最新刊は
集計対象期間外の刊行だったりしますが
「出る」って聞いただけで
ここに入るんだようるせえ文句あっか。