読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集者が編集するのは本だけじゃない! ○○もだ!

ウェブも電子書籍もDVDもCDも編集しちゃうよでもいちばん仕事多いのはけっきょく紙

くら寿司×手塚プロ「KURA」第1話に和登さんを詐称する女優が出演している件

出版(電子書籍)

手塚治虫マンガ・電子図書館サービス
というワードで検索すると
ほぼ間違いなく

凸版印刷、手塚治虫のマンガも読める電子図書館サービス

という、群馬県邑楽郡明和町立図書館での事業が
上位表示されるのですが
(株)アルファシステムズというところが
法人向けに提供している
エリア限定コンテンツ配信サービス
なるものもありまして

デジタルコンテンツを収録した専用機材をコンセントに挿す。それだけで、手軽にその場所にWi-Fi環境を構築し、配信エリアを限定した電子図書館サービスやデジタルサイネージサービスを、当社は提供しています。利用者はWi-Fiに接続可能なブラウザ機能を搭載したデバイス(スマートフォンやタブレット等)があれば、アクセスポイントにアクセスしてブラウザを起動するだけで、コンテンツを楽しめます。

サービスの展開イメージとしては、設置場所だけのエリア限定配信という特性を活かすことで、消費者が来店するきっかけ作り、集客支援、待機時間対策、顧客満足度向上のためのツールとして、ご活用いただけます。店頭、ロビー、待合室、喫茶店をはじめ、乗り物、公共施設、イベント会場等、様々な場所で活用できるため、これからの無線LAN連携事業の市場において、活用・導入が広がります。

     「アルファシステムズ41期報告書」より(リンク先PDF)

この導入事例が
回転すしチェーン、くら寿司
手塚治虫のマンガ全400巻、モーションマンガ50本が
ぜんぶ無料で読めるという「TEZUKA SPOT」です。

手塚漫画400冊分が無料!
というのはたしかにインパクトあるんですが
個人的にはむしろ
くら寿司だけの新作マンガも読める
そっちに興味がありまして。

いや、もちろん「新作」と言いつつ
手塚スターシステム
キャラクターが出演している、というだけで
「回転寿司業界をドラマ仕立てでオリジナル漫画化」した
企業タイアップ、というレベルなことは
言われんでもわかっとる。
わかっとる。のだが
これは……
f:id:lafs:20130718162504p:plain
電子書籍の操作パネルのアカヌケナイ感

あと、なんといってもこの

は? 「彼女は和登さん(ドヤ」?
f:id:lafs:20130718162518p:plain
待て待て待たんかーい!

和登千代子嬢は
手塚スター中「大切にしないとダメ」度では上位3傑に入る(俺調べ
女優さんなわけですよ、
そもそもその作画で
和登さんを名乗ろうなんて
おこがましいと思うんだがどうか。


なお、最後にとってつけたように言いますけど
電子書籍の「どこでもアクセス可能」という
アイデンティティーを逆転させて
「そこに行かなければ閲覧できない」
という、TEZUKA SPOTの考え方は
電子書籍というモノのあり方として
面白い可能性を秘めている、とは思いますね。


ちなみに
くら寿司店内でWiFiにつないだ後
ブラウザを立ち上げると
手塚治虫マンガ・電子図書館サービス
だけに強制的につながるのですが
WiFi切ると
こういう404になります。
f:id:lafs:20130718162530j:plain
うん、これはいい404。